鎮守の森へ!

気温の変化に一喜一憂しているうちに、秋の気配が!
また、散歩の季節が戻ってきたようなので、近くの神社へご挨拶に!
田園地帯の一角にこんもりとした木立の森、初めて訪ねる北野天神社へ!

R0028145.JPG

参道のわきに古い石碑がいくつもあり、
本殿に近い灯篭には天保〇〇年の刻印もありました!
昔からの信仰の深さを感じます!

R0028143.JPG

本殿はもちろん菅原道真公を祀っているわけですが、
周りにいくつもお社があって、総じて里の鎮守様だったのでしょう!

R0028141.JPG


調度二年に一度奉納されるという神楽の真っ最中、素朴な中にもユーモラスな場面もあり、
しばし、秋祭りの気分に浸りました!

R0028137.JPG

R0028138.JPG


やはりこの辺りは五穀豊穣を祈願する農家の氏子さんが多いのか、
見事な稲わら作りの神馬像も奉納されていました!

R0028142.JPG

この日限定の御朱印を頂きましたが、きれいな張り札のようです。

R0028146.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月06日 16:41
鎮守の森という言葉がぴったりですね。
農家の人々の素朴な信仰に守られてきた
お社なんだろうと思います。
稲わらで出来たお馬さん、手がかかっていて、
足の表情、お尻の張り方など、なかなか
見事なものだと思いました。
sasapanda
2019年10月07日 21:09
yasuhikoさんこんばんは!
住宅地から道路を挟んで向こう側は里山の森でした!
祭りばやしが聴こえなければ、結構近寄りがたい雰囲気でしたね。
やぶ蚊もいたし(笑)
奉納された神馬、氏子さんたちの想いを感じて、カメラ向けました!
神社との強いつながりが伝わります!